くまーじょ様の辛口!コスメ裁判所「資生堂 HAKU メラノフォーカスV(美白美容液)」

有名化粧品を本音で暴露!@コスメの口コミは嘘か本当か?

コスメの辛口レビュー TOP » 資生堂 » 資生堂 HAKU メラノフォーカスV(美白美容液)
資生堂 HAKU メラノフォーカスV(美白美容液) ですよ♪

★資生堂 HAKU メラノフォーカスV(美白美容液)です。

20180827190557.jpg
 

この商品は・・・女性誌のMAQUIA(2018年8月号)で特集していた、2018年上半期ベストコスメで、美白部門の1位に輝いていました。

また、美的(2018年8月号)でも同様に、総合3位、美白美容液&オイル部門の2位でした。

年を重ねるにつれて、シミくすみは誰もが気になるので、「美白で1位」となると、試さない訳にはいきませんよね。(笑)

まずは、マキアの選考理由を見ると・・・

「翌朝から明るさを感じるほどの即効性で、ケアとして予防として優秀で手放せない美白の雄」
「浸透の速さと肌を明るくするパワーは他の追従を許さない」
「あらゆるシミの原因を叩いていくから、美白が効かないと嘆いている人ほどありがたい存在。」

などと、褒められています。

ズバリ、気になるシミにしっかり届き、明るさを感じられる美白効果の高さが、高評価の理由のようです。

また、メーカーの売りを公式ページで確認すると・・・

「2011年日本で初めて2種の美白有効成分を組み合わせた「抗メラノ機能体」を配合。」
「浸透性の高い4MSKがじっくり浸透するm-トラネキサム酸をまきこんで肌の奥に深く届きます。」
「トルメンチラおよびイチヤクソウのエキス、グリセリンを組み合わせた成分。肌を整え、保護します。」

とあります。

ん、抗メラノ機能体って何だろう?

公式の説明をみると・・・メラニン色素の過剰生成を効果的に抑制(4MSK)と、メラノサイトの活性化を効果的に抑える(m-トラネキサム酸)の、美白成分をダブルで配合したって事みたいです。

う~ん、ただ・・・いくら良い成分でも、あれこれ沢山入れればイイというわけでは無い所が、化粧品の難しい所だと思うんだけどなあ。(・_・)

まあでも、あの資生堂が、100年以上美白を研究してきた成果ですから、相当期待しちゃいますね。

では、資生堂自慢の「みずみずしさ」と「明るさを、どう表現してくれるのかを中心にチェックしましょう。

お値段は、45gで10000円(税抜)なので、高級ブランドとしてはまあまあでしょうか。では、成分から見て参りましょう。

20180827190613.jpg
 

これは・・・まず、パッケージの表記がいいですね。(^。^)

「HAKU 美白美容液」と、シンプルで分かりやすい。

四の五の言わない、職人気質を感じ・・・効きそう!と期待が持てます。

手に出すと、白いクリーム状の美容液で、香りは原料臭も含めほぼ無臭です。

不快な臭いがしないので、自分の好みでない香りがついているよりは、無臭の方が好感が持てます。

20180827190632.JPG
 

触るとフワッとしていて、水分がたっぷりと含まれているようなテクスチャーです。

適度な重さも感じるクリームなので、保湿力はいかにも高そうに感じます。

伸びは、非常に良いです。

公式サイトには、「ピタッと密着」と書かれていますが・・・実際に塗った印象としては、「つるんっフワッ」と肌を滑るようなイメージです。

サンプルに入っている0.3gが一回あたりの適量かと思いますが、一包で首元まで十分にクリームが行き渡りました。

20180827190651.JPG
 

付け心地で、印象的だったのは・・・みずみずしさです。(^O^)

まるで、ウェットティッシュを触っているように、水分で肌がヒタヒタになっている感覚が面白いですね。

そして同時に、ヌルっとした油分も感じます。

この油分が少々くせもので、肌表面に、若干べたつきが残ってしまいます。

冬場であれば、うれしいしっとり感なのでしょうが・・・美白美容液が最も活躍する夏場には、少し重過ぎるのではないでしょうか。

20180827190708.JPG
 

塗って、しばらく置いても・・・手の平がくっつくくらいのべたつきがあったので、思わずティッシュを上から被せて、過剰な油分を取ってしまいました。(^^;)

付けた後の肌状態は、艶とうるおいがたっぷりの状態で、光がキレイに反射して輝いて見えます!

乾燥ぐすみは、ある程度軽減され、わずかに明るく、ムラの無い均一な肌色になっているのも嬉しいですね。

予想通りの保湿力の高さで、乾燥小ジワも目立たなくなっています。

ハリ感や毛穴には、ほぼ変化がないように見えますが・・・美白に特化した商品ということで、この点は、そもそもあまり期待していなかったので問題ありません。

20180827190724.JPG
 

一方で、ちょっと不快だったのは、塗って1分くらい経ってから、目元や口元の皮膚が薄いところが、若干ピリピリし始めたことです。

美白系の商品は、刺激が強いものもありますが・・・この美容液も、何らかの成分が肌を刺激しているのか?と少し不安になりました。

その後、2時間以上が経っても、わずかなピリピリ感が残っていたので、嫌でも気になってしまいました。

べたつきがあった割には、その後メイクを重ねても、変に寄れたりすることもなく、むしろ肌の水分量がアップしたおかげで、ファンデーションのノリが良かったのは嬉しいポイントでした。

しかしながら、夕方あたりには・・・いつもより、皮脂が過剰に出てしまい、肌がネットリと重苦しい状態になってしまったのは残念です。

20180827190738.JPG
 

脂性肌寄りの私の肌には、少し油分が重すぎたのかもしれませんね。(・_・)

一方で、うるおいは半日間ずっとキープできていて、夜メイクを落としても、肌が疲れていなかったので安心できました。

その後、2回連続で使用し続けましたが・・・どうも、このべたつきと、肌が重くなるようなコッテリした使用感が、好きになれませんでした。

肌の水分量は、確実に上がっているようで、乾燥ぐすみは徐々に改善された印象は受けます。

そして、このうるおいを維持するのに、多めの油分が必要なのも理解できますが、特に夏場には、不快指数が高くなってしまいます。

20180827190756.JPG
 

今は、保湿力が高くても使用感がサッパリしている美容液やクリームも多いので、あえてこれを選ぶ必要性を感じません。(・_・)

また、何度使っても、皮膚が薄い部分にピリピリする刺激が残ってしまい、根本的に合わない成分が含まれているんだろう、と感じたのもマイナスポイントでした。

以前、HAKUのフェイスマスクを使用して、感動を覚えるほどの美白効果があったのを記憶していて、こちらの美容液も使い続ければ、シミに効くのかもしれない、とは思います。

しかし、残念ながら、積極的に使い続けたくなる使用感ではありませんでした。

税込10,800円という価格は、高級ラインの美白美容液にしては、お手頃な方だと思いますが・・・このレベルになると、効果はもちろん、使用感の良さも求めたいというのが本音ですね。

水分で肌がヒタヒタ!
乾燥ぐすみが、明るく、ムラの無い均一な肌色に。但し、ややベタつく。目元や口元がピリピリ。夕方には、肌がネットリ重い。

♪資生堂の公式サイトはこちら
http://www.shiseido.co.jp/


実は、今買うならオススメがあります♪ ヽ(^(エ)^)ノ



免責事項

本サイトは、実際に使って見た実話で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また、記載情報は記事作成時のものです。 本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。





資生堂 関連記事一覧

スポンサードリンク
公開!間違いない美白!
間違いのない美白コスメ!

今買うなら、コレがお勧め!
乗り換える人が多いよ♪

運営者情報
運営者情報

くまーじょ ( ̄(エ) ̄)ノ彡☆ 
辛口でごめんね~♪

姉妹サイト
美容家ピン子のビューティー相談所

美容家ピン子のビューティー相談所
美容のプロ、ピン子さんが答えてくれるお悩み相談コラムよ♪