くまーじょ様の辛口!コスメ裁判所「シュウウエムラ ジェントルネクター クレンジングオイル イン エマルジョン(メイク落とし)」

有名化粧品を本音で暴露!@コスメの口コミは嘘か本当か?

コスメの辛口レビュー TOP » シュウウエムラ » シュウウエムラ ジェントルネクター クレンジングオイル イン エマルジョン(メイク落とし)
シュウウエムラ ジェントルネクター クレンジングオイル イン エマルジョン(メイク落とし) ですよ♪

★シュウウエムラ ジェントルネクター クレンジングオイル イン エマルジョン(メイク落とし)です。

20180401184159.jpg
 

シュウウエムラの・・・クレンジングです!

で、コチラ・・・女性誌のMAQUIA(2018年1月号)で特集していた、2017年下半期ベストコスメで、クレンジング部門の3位にランクインしていました。

いつも、洗顔系の大切さを説いているくまーじょとしては、試さないわけにはいきませんよね。

で、MAQUIAの選考理由を見ると・・・

「とろりとして、まろやかな肌あたりが本当に好き」
「ベタつきが残らない洗い上がり」
「肌状態が落ち気味なときでも、とにかく潤ってしなやかに」

などなど、絶賛されています。

とろみのある液の優しい感触と、しなやかに潤う仕上がりが、高評価の理由みたいです。

一応、メーカーの売りを公式ページで確認してみると・・・

ネクターのようにこっくりとした、厚みのあるエマルジョン状の新しいオイルテクスチャー」
「繊細な乾燥肌、ゆらぐ肌でも、やわらかく、なめらかに、キメが整った状態をめざします」

だそうです。

あ、ネクターとは「蜜」のことですね。

なるほど、テクスチャーはこってり感が強そうですが、肌に乗せた時の感触は、どうなんだろう。

では、シュウの言う、「使用感」と「滑らかな肌」をどう両立してくれるのかを中心にチェックしましょう。

お値段は、450mlで9600円(150mlで3700円)(税抜)なので、高級ブランドとしてはまあまあでしょうか。では、成分から見て参りましょう。

20180401184218.jpg
 

そう言えば、個人的に・・・シュウウエムラのクレンジングオイルは、約15年前に2年ほど愛用していたことを思い出しました。(^^;)

当時は、オイルクレンジングが一大ブームとなっていて、シュウはその先駆け的な存在だったのですが・・・ずっと使っているうちに、濃厚なオイルが重たく感じて、いつしか使わなくなっていたんですよね。

で、今回、まずオイルインエマルジョンという、ニュータイプが出ているのに感心しました。

オイルクレンジングは、良くも悪くも洗浄力が強いものが多いので、これなら肌により優しく軽いのでは、と期待が高まります。

手に取ると・・・少し白濁した、トロミのある液体が目を引きます。

緩いテクスチャーのオイルだと、垂れて肌に付けにくいので、これくらいしっかりしたトロミのある方が安心感がありますね。

shu1.JPG
 

エマルジョンとは言っても、やはり油分はかなり強く感じます。

香りは、何とも独特です!

甘いフローラル系かと思いきや、苦みのあるハーブのような匂いもあり、ずいぶんクセがあります。

かなり強く香るので、肌にのせるとウっとするほど。

不快な匂いではありませんが、もう少し抑えめな香り立ちの方が好みです。

伸びはとても良く、パール粒くらいの量で、顔半分には十分に行き渡ります。

shu2.JPG
 

伸ばしても、しっかりと液の厚みが維持されていて、指と肌が直接触れることはありません。

オイルが緩衝材になって摩擦が生じないので、確かに敏感肌の方でも安心して使えそうです。

適度に粘り気があり、ピタッと肌に密着しているのも、メイクと良く馴染みそうで好感が持てます。

マッサージするように、クルクルと撫でていると・・・だんだん、液が緩く変化してきました。

ここで、説明書通りに水を少々加えて乳化させると・・・さらに、サラサラのテクスチャーになり、ポタポタと垂れ始めました。

お風呂場でメイク落としをする場合は気にならないでしょうが、洗面所で使う場合は、に付かないか気になります。

shu3.JPG
 

もう少し、最後まで粘り気をキープしてくれると扱いやすいです。

そんなに緩いテクスチャーに変わっていたのに、洗い流し始めると、肌表面にヌルヌルした感触がいつまでも残りました。

オイルインなので致し方ないとは思いますが・・・汚れが大方落ちても、いつまでも被膜感が残り、なかなかさっぱり感が得られません。

途中で、「もうこれ以上ヌルつきが取れることはなさそう」と諦めて洗顔を終わりました。

洗い流しにかかった時間は約50秒、トータルでかかった時間は約3分、といったところでしょうか。

ヌルヌル感が残った分、洗い上がりの肌は、とにかくしっとり

shu4.JPG
 

クリームをしっかり塗った後の肌のように、油膜でガードされています。

普段、泡洗顔でしっかりと皮脂を落とすのに慣れている身としては、少々こってりし過ぎな印象もありますが・・・これはこれで、化粧水を急いでつける必要はなく安心ですね。

さらに良かった点は、油分をたっぷり吸収したおかげなのか、肌が柔らかくほぐれていて、がアップしていたところです。

一方で・・・毛穴がいつもより引き締まったり、肌が白くなったりといった、プラスアルファの効果は特に感じませんでした。

肝心のメイク落ちはというと、アイラインやファンデーションなどは問題なくきれいに落ちていましたが、アイシャドウのラメが若干残っていたのが気になりました。

W洗顔不要というのが謳い文句の商品ですが・・・きれいに汚れを落としたいなら、やはりW洗顔した方が良さそうです。

shu5.JPG
 

翌朝は、洗顔料として使ってみましたが・・・うーん、これは余計に好きになれませんでした。(^^;)

感覚としては、洗顔しているというより、保湿オイルを塗りたくっている印象です。

乾燥が老化を促進させるというので、本当はこれくらいこってりした洗顔料を使った方が良いのかもしれませんが・・・私は元々、どちらかというとオイリー肌に近いので、皮脂をなおさら溜め込んでいるようで、スッキリしませんでした。

おかげで、一日中乾燥することはありませんでしたが・・・明らかに、おでこや鼻回りの皮脂が過剰に出ているのも気になりました。

総評すると・・・この商品が合うか否かは、肌質に寄ると思います。

shu6.JPG
 

乾燥肌や敏感肌の人にとっては、乾燥を招く洗顔時にこれだけ油分を補給できれば、きっと肌に良いのでしょう。

しかし、脂性肌気味の私にとっては、油分過多に転び過ぎて少々不快です。

さっぱり汚れやメイクが落ちた感覚も得られず、毛穴の皮脂詰まりを助長しているような印象を受けたのもイマイチでした。

肌への摩擦や刺激が一切なく、オイルの優しさで守られている点が魅力の商品でしたが・・・メイク落としには、汚れ落ちの良さやさっぱり感を求める私にとっては、あまり関心が持てませんでした。

そうそう、このこってり感が重たくて、シュウを使うのを止めたんだった・・・ということを思い出す結果でした。

とにかく、しっとり!
肌が柔らかい。但し、液が重い。乳化するとポタポタ垂れる。アイメイクが少し残る。独特な香り。強い乾燥肌ならアリかも。

♪シュウウエムラの公式サイトはこちら
http://www.shuuemura.jp/


実は、今買うならオススメがあります♪ ヽ(^(エ)^)ノ



免責事項

本サイトは、実際に使って見た実話で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また、記載情報は記事作成時のものです。 本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。






スポンサードリンク
公開!間違いない美白!
間違いのない美白コスメ!

今買うなら、コレがお勧め!
乗り換える人が多いよ♪

運営者情報
運営者情報

くまーじょ ( ̄(エ) ̄)ノ彡☆ 
辛口でごめんね~♪

姉妹サイト
美容家ピン子のビューティー相談所

美容家ピン子のビューティー相談所
美容のプロ、ピン子さんが答えてくれるお悩み相談コラムよ♪