くまーじょ様の辛口!コスメ裁判所「クレドポーボーテ クレームUV(日焼け止めクリーム)」

有名化粧品を本音で暴露!@コスメの口コミは嘘か本当か?

コスメの辛口レビュー TOP » クレ・ド・ポー ボーテ » クレドポーボーテ クレームUV(日焼け止めクリーム)
クレドポーボーテ クレームUV(日焼け止めクリーム) ですよ♪

★クレドポーボーテ クレームUV(日焼け止めクリーム)です。

20180217182304.jpg
 

クレドポーボーテの・・・日焼け止めクリームです!

コレは・・・女性誌のMAQUIA(2017年8月号)で特集していた、2017年上半期ベストコスメで、UVケア部門の3位にランクインしていました。

好みがハッキリ分かれる、日焼け止め部門で3位となると、なかなかの高評価ですね。

まず、MAQUIAの選考理由を見ると・・・

「つけていたときの方が、肌の調子が良くなる」
「上質な保湿クリームのような感覚」
「肌を守り、エイジングケアまでしてくれる感じ」

などなど、絶賛されています。

一般的に、日焼け止めって、どうしても付け心地が悪かったり、肌への負担が大きかったりで、渋々使うことが多いと思うんですが・・・今回は、日焼け止めとは思えない付け心地が、高い評価を受けている理由のようです。

で、メーカーの売りを公式ページで確認してみると・・・

「太陽も味方につけて今の肌をエイジングケアしながら、あらゆる紫外線によるダメージをしっかり防ぐ」
「弾力のある、はりとうるおいに満ちた美しく輝くような肌を保ちます」

だそうです。

おお、日焼け止めでありながら、エイジングケアも出来るってことかー。

「日焼け止めと言うより、もはや高級クリームだぞー!」って言う自信は伝わって来ますね。

では、クレドポーボーテならではの、「日焼け止め」と「高級クリーム」の融合をどう表現してくれるのかを中心にチェックしましょう。

お値段は、50gで9,000円(税抜)なので、日焼け止めとしては、流石に高級ブランドって感じですね。では、成分から見て参りましょう。

20180217182324.jpg
 

これは・・・ほんのりピンクベージュのクリームで、テクスチャーはやや硬め。

水っぽさや脂っぽさがなく、油分が分離したりということもなく、まるで化粧下地クリームのようです。

SPF50+、PA++++ということで、日焼け止めとしては最高レベルのSPF値とPA値ですが・・・意外なことに、日焼け止め特有のツンとした刺激臭が、ほとんど気になりません!

ローズのような華やかな香りが、嫌味でないほどにフワッと香って心地よいです。

見た目とテクスチャー、香りに関しては、日焼け止めクリームとしてはパーフェクトです。\(^-^)/

20180217182355.JPG
 

一般的に、日焼け止めが嫌われる理由の多くは・・・嫌な臭い、肌に悪そうな脂っぽさ、液がすぐに分離する使い勝手の悪さだと思うのですが、こちらはこの3点をクリアできているのが凄いです。

肌に伸ばしてみると・・・クリームの色はほとんど目立たなくなり、肌色に溶け込むように馴染んでいきます。

白浮きしないのが良いですね。(^o^)

色が目立たないので、首や手にも気負わずつけられそうです。

伸びも非常に良くて、パール一粒分くらいで、充分に顔全体に行き渡りました。

20180217182412.JPG
 

なじませて、しばらく時間を置くと・・・肌の赤みや、小鼻の黒ずみなどの色むらが目立たなくなり、うっすらと透明感が出てきました!

まるで、元から肌がきれいな人のようです。(^O^)

さすがに、シミなど濃いムラは隠れませんが、化粧下地としても使えるほど、十分な色補正効果ではないでしょうか。

逆に、これ以上色が付きすぎると、ボディ用には使えないので用途が限られてしまうでしょうね。

色味も、まさに理想的です。

日焼け止めにしては被膜感が少なく、こってりし過ぎないのも好みです。

20180217182432.JPG
 

少し重めの美容クリームを塗った、くらいの印象です。

冬の時期にはちょうど良い油分量ですが・・・夏場は、ちょっとべた付くかもしれません。

つけて4~5時間が経った後には、少々テカリが気になりました。

一方、乾燥は一切なく・・・時間が経っても、皮膚の薄い目の周りまでしっかりと保湿されていました。

この使用感は、肌質によって評価が分かれそうです。

個人的に、混合肌の私にとっては、まぁ許容範囲のテカり具合と十分な保湿力ですが・・・脂性肌の人には重すぎるかもしれませんね。

20180217182451.JPG
 

つけて一日が経っても、目立ったマイナスポイントが少なく、ついに理想の日焼け止めに出合えたかも!と喜んでいたのですが・・・1つだけ、メイクオフの段階で残念な所が判明してしまいました。

落ちが、少々悪かったのです。

SPF値の高い日焼け止めは、仕方がないとは思うのですが・・・洗い流しても、どうしても何かキシキシした手触りが肌に残ってしまいます。(・_・)

この密着感がないと、日焼け止め効果が出ないのでしょうが、どうも成分が肌に残っている感じがして好きになれません。

しかしながら、SPF50の日焼け止めを塗った後の割には、肌疲れは少なく、くすみも出ていなかったので安心しました。

20180217182507.JPG
 

これが、メーカーがPRしている「エイジングケア効果」というものでしょう。

乾燥や荒れも一切感じず、むしろいつもより肌が潤っていたのは嬉しく思いました。

屋外で2時間ほど過ごしてみましたが・・・特に肌が痛んだ様子も、焼けた様子もなかったので、日焼け止めとしての役割は十分に果たしてくれたようです。

評価は非常に難しいのですが・・・もし点数をつけるなら、総合点では79点といったところでしょうか。

日焼け止めの割には肌ダメージが少なく、保湿効果も十分にあり、使い心地も非常に良かったので高得点をつけたいところなのですが・・・キシキシした成分の残留を感じる点が惜しく、「やっぱり日焼け止めだから仕方がないかー」という、諦めや我慢する気持ちが多少残ってしまうのです。

20180217182527.JPG
 

これを、詳しく言うと・・・

1.日焼け止め特有の嫌な臭い →ほぼナシ
2.日焼け止め特有の脂っぽさ →全くなし
3.日焼け止め特有の液の分離 →全くなし
4.日焼け止め特有の肌疲れ →ほぼナシ
5.日焼け止めとしての働き →問題なし
6.日焼け止め特有のキシキシ感 →あり


という感じで、6番のキシキシ感だけが払拭できておらず、非常に惜しい!

一方で、これを純粋な美容クリームとして見られるかというと、それほどの美容効果やエイジングケア効果は感じられませんでした。

あくまでも「日焼け止めの割には肌が荒れないクリーム」であり、「日焼け止めの割には使い心地の良いクリーム」でしかないかな。

価格も50gで9,000円と高額な部類に入りますから・・・この「日焼け止めだから仕方がない」と諦めている不満な点を払拭して欲しいな-、と。

ほんとに、あと一歩の感じでしたね。

くすみが飛んで透明感が!
伸び、保湿力が高い。白浮きせず、皮膜感も少ない。例の刺激臭が無い。但し、密着が高い分、洗顔時の落ちが悪い。かなり惜しい。

♪クレ・ド・ポー ボーテの公式サイトはこちら
http://www.cledepeau-beaute.com


実は、今買うならオススメがあります♪ ヽ(^(エ)^)ノ



免責事項

本サイトは、実際に使って見た実話で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また、記載情報は記事作成時のものです。 本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。






スポンサードリンク
公開!間違いない美白!
間違いのない美白コスメ!

今買うなら、コレがお勧め!
乗り換える人が多いよ♪

運営者情報
運営者情報

くまーじょ ( ̄(エ) ̄)ノ彡☆ 
辛口でごめんね~♪

姉妹サイト
美容家ピン子のビューティー相談所

美容家ピン子のビューティー相談所
美容のプロ、ピン子さんが答えてくれるお悩み相談コラムよ♪