はじめての通販コスメ
*
通販コスメ HOME > ディセンシア > ディセンシア つつむ ローションセラムE(化粧水)

ディセンシア つつむ ローションセラムE(化粧水)

私が実際に使った評価まとめ

 
ディセンシア つつむ ローションセラムE(化粧水)
  • 保湿力が強く、保水してる感じの持続力がある。
  • とろみがあり、敏感肌にも優しいつけ心地。特に、肌が薄い、目元や口元の乾燥によかった。
  • ただし、浸透が遅く、少しベタベタするので、急いでいる時は不向き。
価格 備考
14日分セットで、初回お試し1,470円 ポーラのグループ会社なので、同研究所・工場で一貫して開発・生産。
ディセンシア つつむ ローションセラムE(化粧水)
 

decencia(ディセンシア)の・・・敏感肌用ベーシックケア『つつむ』のトライアルセットに入っている、ローションセラムE(こくのあるタイプ)です!

1LoセラムE_外装.jpg
 

ローションセラムEは、洗顔後すぐに肌につける化粧水ですね。

トライアルセットに入っているミニボトルは10g入っていて、たっぷり試せます。

『つつむ』シリーズの洗顔アイテムは、優しい使い心地ながらも洗浄力はそれなりにあるので・・・このステップでは、「とにかくしっかり深く保湿ができるかどうか」が鍵だな、と個人的には思っていました。

さっそく、テクスチャを確認してみました!

商品名に「こくのあるタイプ」と銘打ってるだけあって、化粧水というよりは美容液に近いです。

とろみのある、白濁したジェルっぽい質感

香りは多少の原料臭があるものの、穏やかな香りです。

2LoセラムE_表示.jpg
 

1回で使う目安量は、1~2プッシュ。

手のひらに出した感じだと、大き目のパール1粒くらいでしょうか。

最初は「ちょっと少ないかな?」と思うくらいの量でしたが・・・肌にのせていくと、思ったよりも伸びがよいので問題ありませんでした!

ただ、とろみがあるせいか、肌への浸透が遅く感じましたね。

ここは評価が分かれるところかなぁ。

すばやく浸透する化粧水が好きな方には、少し使い勝手が悪いかもしれません。

手のひらの温度を利用するような感覚で、ゆっくり馴染ませていくと・・・ある瞬間に、ジワッと肌に吸水する感じがありました。

3LoセラムE_質感.jpg
 

特に優秀だなと思ったのが・・・肌が薄い、目元や口元の乾燥によかったこと。

目元のケアに、もう1プッシュ、ローションセラムEを手に取り、アイケアする感じで目元に集中して塗布すると、目尻のしぼみがふわっと膨らんだようなもっちり感が出るんですよねー(*´□`)

やっぱり、セラミドが配合されているのは強みだと思います。

しかもセラミドナノスフィアという、ナノサイズのセラミドなので、潤いが不足している部分にピンポイントで浸透してくれるらしいのです。

これって肌が不安定になりがちな敏感・乾燥肌の人にはありがたい成分だなと実感。

さらに5種類の必須アミノ酸(高保湿成分「アミノコンプレックス」)が角質細胞にも働きかけてくれた上に、エモリエントプール成分が蒸散を防ぐので、保水機能もカバー。

4LoセラムE_伸び.jpg
 

「与えて、閉じ込める」という、乾燥を長時間防ぐ基本がしっかり反映されていて好感が持てました。

もちろん敏感肌用に開発されているので、肌への刺激はほぼゼロ。

保湿レベルが高いなぁ~と思わされましたね!

40代以上の年齢肌さんにもいいと思います。

基本的に、朝夜の洗顔後に塗布するアイテムですが・・・その時は洗顔から時間を開けずに、ローションセラムEを塗ってあげたほうがいいです。

なぜって、とろみがあるので、乾燥でカッサカサになった肌に浸透させるのは、結構時間がかかったからです。

それと・・・少しだけ、ベタベタした感じが気になりました。

5LoセラムE_後.jpg
 

テカリが落ち着くまで時間がかかるので、急いでいる時は要注意です。

でもその分、肌表面を乾燥から守ってくれている感じはピカイチ。

乾燥肌の私が、安心して就寝できるほどの高保湿でした!

価格もなかなかお手頃じゃないでしょうか?

内容量120mLで、通常価格で3,672円(税込)。

毎日バッシャバシャ使うような価格帯ではないですが・・・1回で使う量がそんなに多くないので、この品質ならなかなかのコスパ!

もうちょっと長期間使いたいなー、と思わされた化粧水でした!

♪ディセンシアの公式サイトはこちら
http://www.decencia.co.jp


免責事項

本サイトは、実際に使って見た実話で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。