はじめての通販コスメ
*
通販コスメ HOME > ディセンシア > ディセンシア つつむ フェイスクリーム(クリーム)

ディセンシア つつむ フェイスクリーム(クリーム)

私が実際に使った評価まとめ

 
ディセンシア つつむ フェイスクリーム(クリーム)
  • 保湿感が強く、保水力の持続時間が長い。
  • 花粉やハウスダストから、敏感肌をバリアする機能が徹底されている。
  • ただし、皮膜感があり、ちょっとベトつくので、メイク直前の使用は向かない。
価格 備考
14日分セットで、初回お試し1,470円 ポーラのグループ会社なので、同研究所・工場で一貫して開発・生産。
ディセンシア つつむ フェイスクリーム(クリーム)
 

decencia(ディセンシア)の、敏感肌用ベーシックケア『つつむ』のトライアルセットに入っている・・・フェイスクリームのレビューです!

1Fクリーム_外装.jpg
 

洗顔→ローションセラムEの後か、洗顔後直接塗布するフェイスクリームは、つつむシリーズの中の基本保湿アイテムって感じですね。

ポットタイプです。

トロッと柔らかいテクスチャで、とろみは上質な蜂蜜みたいに濃厚な感じ。

クリームという名前だけど、テクスチャが半透明なので、硬めのジェルみたいでした。

手の甲で試しに伸ばしてみると、柔らかい質感のおかげか伸びはとても良いです。

肌の温度でヌルンと溶けていって、クリームが温まるスピードが早いので・・・寒い冬でも使いやすそうなところが好印象!

1回で使う量は、だいたいパール1粒くらい。

2Fクリーム_表示.jpg
 

朝夜の保湿に使えます。

クリームを手のひらで軽く広げてから、あたためるように優しく、顔の中心から伸ばしていくとイイ感じです。

頬や目元など乾燥が特に気になる部分は、ハンドプレスさせると浸透が早かったです!

塗った感じは・・・まさに、こってり!

感覚としては、「ワセリン」を塗ったようなオイリーな肌に近いかもしれません。

肌の保護感はかなりあります。

ちょっとベトつくので、夏は少し辛いかも。

3Fクリーム_質感.jpg
 

そのため、ちょっと量を多く塗りすぎると、ベタつきがおさまるまではテカテカになるので、メイク直前は向きません。

私はどちらかというと、就寝前をオススメしたいですね~♪

なんといっても、冬の夜の乾燥があまり気にならなかったから!

朝起きた時に、乾燥で顔が引きつるような感覚がなかっただけでも、相当優秀だと思います。

塗った時の浸透スピードは少し時間がかかるものの・・・その後の保水力を考えると、乾燥肌さんにはうってつけだと思います。

フェイスクリームは、独自のバリア膜が外部刺激から肌を守ってくれるらしく、その間に保湿成分ヒト型セラミドNE(ナノエマルション)がぐんぐん浸透するという仕組み。

このバリア膜も、特許技術を応用したヴァイタサイクルヴェールというもので、「浸透」させて「保護する」の2段構造がしっかり守られている感じですね!

4Fクリーム_柔かさ.jpg
 

あと、ちょっとびっくりしたのが・・・角層バリアの機能。

雑菌や花粉、ハウスダストや黄砂のような外部刺激をブロックしてくれるらしい。

この機能は、敏感肌さんにとって重要じゃないかなと思いました。

どうせメイクで肌が汚れるのに、そこにさらに外部刺激があると、敏感肌の方は相当辛いと思う。

これをブロックできるなら、保湿だけではないプラスαがあるということ。

結構、信頼できそうな保湿クリームだと思います。

ちなみに・・・敏感肌さんにもう一つ嬉しい特徴といえば、クリームを作っている成分でしょうね。

5Fクリーム_伸び.jpg
 

「ベントナイト」という自然にある成分で、これに有効成分を配合させているんだそうです。

なるほど、肌に優しいところはピカイチです。

こってり濃厚で皮膜感があるクリームなので、つけ心地の好みは分かれるかもしれません。

でも、敏感肌・乾燥肌の方にしっかり焦点を絞っているクリームとしては、正しいなという印象でした!

内容量30gで3,240円(税込)。

この品質なら・・・この価格に文句はないです(笑)

♪ディセンシアの公式サイトはこちら
http://www.decencia.co.jp


免責事項

本サイトは、実際に使って見た実話で構成されていますが、 あくまで個人の感想です。 また本サイトの内容によるいかなる損害についても当方は一切の責任を負いません。 ご利用におかれましては、自己の判断と責任にてお願いいたします。